スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村


初めまして

2016-00086-1.jpg


明けましておめでとうございます。

初めまして。
このブログに記事を書いちゃう「ぶちゃねこ」です。
更新はノッてたら毎日しそうだけど
放置を始めたらとどまることを知らないぶちゃねこではありますが
『広告が表示されないように更新できたらいいな~』が今の生ぬるい目標です。
じゃないと何の為に広告表示がない(正確に言うと目立たず小さい)
FC2で始めたか分らないですしねw

HP、及びブログタイトルの「galopine et galopin」はフランス語で
日本語に訳すと「おてんば娘とわんぱく小僧」と言う意味です。
安積棍子さんという女性漫画家さんが1988年に発表した
「お洒落小僧は花マルッ 」
という作品の中に出てくる主人公が恋する男性が経営するお店の名前が
「galopine et galopin (おてんば娘とわんぱく小僧)」
記憶が確かならアパレルショップだったような気がします。
普段から少女マンガとは無縁ですので、漫画の内容は失礼ながら忘れましたが、
このお店の名前だけは何年経っても覚えていて
今回、タイトルとさせていただいたのです。



最近の猫ブログは雑誌に載ってそうなおっされ~な部屋に
一眼レフで撮ったすんばらしく美しい写真の方々が多く
ぶちゃねこはと申しますと、生活観丸出しの部屋で、
写真は古いデジカメで頑張ってるけど何か?(最近ズームが壊れたわ!)
あっ、猫様の後ろに写り込んでるの○○(自粛)じゃね?
的な要素満載になるのは目に見えており、今から胃腸薬を片手に嘆いているわけで
とりあえず更新にばかりに気をとられず、細く、長くをモットーに
のんびり、まったり気が向いたら・・・
と考えていますので、更新は本当に不定期ではありますが
たま~に暇な時に見に来てもらえると
ぶちゃねこ隊の話をアップしてるかもしれませんし、してないかもw
とにかく「生ぬるい」をモットーとしておりますので、お許しをば。

また、仕事に行って、ぶちゃねこ隊と遊んでいたら
「あっ!!!!」という間に1日が過ぎてしまいますので
よくあるブログの猫様暮らし同士のお付き合い的なものも
なかなか思うようにはいかないです。
仕事が休みの時くらいしか、のんびり皆さんのブログを見てまわったり、
コメントすることが出来ないと思うので。

「ぶちゃねこってさ~、私が毎回記事にコメントしてあげてんのに
私のブログにはほとんどコメントしてこないのよ!きぃぃぃぃぃぃ!!!
(゚д゚)バーカ」

的思考に陥りやすい方は、どうぞコメント等はしないで下さいませw
んじゃ、コメント欄開くなよ!
って声が聞こえそうなんですが、全く交流を拒絶してるわけではないのです。
そう・・・、ぶちゃねこは、チョッピリかまってちゃん♪
全く誰とも交流がないのは寂しいものでして、
ぼっちで鳥取砂丘に自転車で行ってラクダの背に乗って夕日を眺めて涙をホロリ・・・
なんて事をしでかしそうなので、不義理を表面上だけでも許してくれる人がいたら
ラッキーだから、コメント欄は開けておこう!ってな感じでございます。
そもそも、ブログやらSNSをやってる人間って
少なからず、かまってちゃん要素は持ってると思うんですよ(偏見www)


ではでは、こんなくだらない人間ではございますが
どうぞ、宜しくお願いします。






スポンサーサイト

にほんブログ村


エキゾチック3号

 
DSC04343.jpg


エキゾチック3号 ブラック&ホワイト
まだまだ無邪気な最年少
「 食う・寝る・遊ぶ・時々Girino 」所属


マリーアントワネット様でお馴染みのおフランス生まれの高貴なお坊ちゃま。
まさかのぶちゃねこ隊に入隊しましたw
フランスでセレブなおうちで生まれ育ち、日本でもセレブな家で育てられ
セレブまっしぐらの猫生活送ってたのに
ようこそ、日本の貧乏の象徴、ぶちゃねこ家にwww
でも大丈夫!貧乏でも心は王様なんだからwww


最初は色んな気苦労があるだろうと思ったけれど
全く心配することはありませんでした。

とぉっても甘えん坊で可愛い男の子です。
男の子は甘えん坊がデフォルトな感じがしますが
エキゾ3号も期待を裏切らず、全くその通り。

「おかあしゃんが行く所なら どこへでも行くけんね!」

と、トイレだろうがお風呂だろうが、すっ飛んでついてきます。
どうやら同じ空間にいるのに、姿が自分から見えなくなる位置に行かれるのが嫌な様子。
お風呂の扉が少しでも開いていようもんなら侵入しますw
一度、髪の毛洗い終わって ふっと見たら、浴槽のふちに座っててビックリwww
「えっ?!どちたん?」
と聞いたら、ふちから降りてきてスリスリしたがために、余計なシャンプーをする羽目に。
勘弁してw

甘える事に貪欲でとにかくスリスリが欠かせない模様。
シャンプー中だろうが、ドライヤー中だろうが
ぶちゃねこが歩いてる最中だろうがスリスリ。
自分から乗ってくることはほぼないんですが
膝に乗せると嬉しそうに喉をゴロゴロ鳴らしながらずっと居座り続けるし
膝に乗せないでいると、そっと横に寄り添ってきて
体の一部をくっつけて寝始めます。
傍にいるだけでは若干物足りないようで、とにかくスキンシップを求める子です。

かかりつけの病院では、ご本人は口にこそ出しませんが
院長先生はかなりのお気に入りの様子です。
他の子を診て頂いている時と、エキゾ3号を診て頂いてる時では
声もワンオクターブ上がって、まるで乳児をあやすような状態です。
ご自身でお気づきかは謎ですけれども。
どうらや男性にモテモテの何か凄いものをお持ちのようすw

まだ家族以外の人との対面が少ないですが
愛想の良い、接待係になってくれる事を激しく希望する所存です。

余談ですが
たまに・・・目が人間みたいに見える時がありますw






にほんブログ村


theme : 我が家の猫
genre : ペット

エキゾチック1号

e1_1.jpg


エキゾチック1号 ブラウンスポテッドタビー
男盛り(去勢済み)
「 食う・寝る・遊ぶ組 」所属

いわゆる純血種ではふわもこペルシャばかりの猫さん人生に
初めてやってきたエキゾチックさんです。
エキゾは友人でも一緒に暮らしている子がいるので
生エキゾと触れ合ったことはありましたが
この子を初めて見た時の衝撃はずっと忘れないと思います。
基本、鼻ペチャ顔であっても、短毛に興味がなかった私が
「こりゃ~めんこい!!!」と思ったのがこのお坊ちゃんです。
空気が読めない、能天気、そしてお調子者。
メッチャフリーダムですw
でも、自分が一番年下である事、新参猫である事はわきまえていて
私に甘えたい時でも、ちゃんと先輩達を立てて、
先輩達のご機嫌を損ねることなく、自分は最後に甘えてきます。
非常に賢いです。
キャッツ&ドックスという映画に「キャリコ」というエキゾが出てきますが
あんなイメージかな~w

そして、賢いけど非常にがさつな男でもありますw
普通の猫さんは障害物などうまくよけて歩きますが
この子にとっては全てが床!
色んな物をなぎ倒し、時には召使の食事中の皿の上を
堂々と通過し目的地を目指します。
こんなにガサツな無神経男なのに案外と気は小さく
他人様には最初は人見知りしちゃいます。
大きな声や音を出す他人様(工事関係者とかですね)が我が家に出入りすると
ビックリするくらい小さくなって隠れてしまう事も。
これがまた探すのが大変w

例に漏れず甘えん坊で、お布団に入ると
ゴロゴロ喉を盛大に鳴らしながら布団にもぐりこみ
腕枕で眠ります。
腕枕じゃない時でも体の密着は必須事項のようです。
ちなみに寝ててもゴロゴロいってます。
やっと静かになったな~と思っても、こっちが少しでも動こうものなら
ゴロゴロ・・・プシプシ・・・
五月蝿いですw

彼と初めて対面する人には、ほぼ「可愛いね」という賛辞を頂けず
「顔でかっ!!!・・・・・・・・・・・でかっ!!!」
と、年頃の女性なら傷つき、地球の肉核まで落ち込み燃え尽きるような
感想を述べられるのであります。
是非、これを読んだ方が我が家に来る機会があった時には、
「顔でかっ」ではなく「なんて愛らしい!ハンサムさんね!」と言って頂けると
彼は幸せになれます。

食物アレルギーがあり、お魚、小麦がNG!






にほんブログ村


theme : 我が家の猫
genre : ペット

ペルシャ3号

p3_1.jpg



ペルシャ3号 チンチラゴールデン
そろそろ中年のおっさん(去勢済み)
でも私の中ではいつまでもベイビーちゃん
「 食う・寝る・遊ぶ組 」所属


もう目の中にグリグリ入れても無痛です!
むしろ目の中に突っ込んで育てています。
私を殺すには、彼を私から取り上げれば簡単です(;´Д`)
そのくらい、かなり溺愛しまくりのお坊ちゃま。
多頭飼育の環境だけど、みんな平等に愛情がある!
なんて格好いいことは言いません!
この子は私にとって何もかも全てが特別な子。
たまに
「一番コートもゴージャスで、顔もショータイプだからねぇ」
なんて、嫌味にも取られるような事を言われてしまうのですが
そんなこっちゃないのです。外見が特別じゃないのです。
(そりゃ、宇宙一可愛い猫ですから、外見がいいのは当たり前ですけど)
説明が長くなるので省略しますが
この子と暮らせるようになるには、友人達の協力や
お譲りくださった方の決心や涙。沢山の愛情があってのことでした。
この子と私が暮らし始めた時、どれだけの猫仲間が喜んでくれたでしょうか。

朝起きると必ず隣にいて
「おはよ~」
と声をかけると「きゃきゃ~」と言って
自分のほっぺで私のほっぺをスリスリグリグリするのが朝の日課。
時にやたらしつこく、10分近くやられる事もあるので
息子の愛を思う存分に受け取る為に会社に遅刻するならば仕方がない。
朝一番のオシッコが我慢できずにちびるのも仕方がない!
これ、昼寝ではしません。

ちょっぴりシャイで甘えん坊。容姿も性格も味覚も?wスイーツ男子。
普通の食事には目もくれませんが、スイーツ関係には目が輝きます。
本当は人間の、ましてやスイーツなんてあげちゃいけないのですが
ちょっぴりおすそ分けしてますw(決して真似しないで下さいw)
食いしん坊で、頑固者。
「にゃ~」と鳴かずに「きゃきゃ~」と鳴く
お口が少し甘く、いつだって口が半開きなところもキュート。
この銀河系の中でこれほど可愛い子はいないと思うので
みなさん、自分の家の子が一番と思ってらっしゃるんでしょうが
申し訳ないけど、それは間違いです(・∀・)(本気)
ああ、世間の嫉妬を感じる・・・!

これから先、どんな子と出逢っても彼の座は揺るぎません。
あんまりにも愛らしいので世間の人に羨ましがってもらおうと
以前、本気でキャットショー参加も考えたものの、私の手入れが微妙すぎなのと
(いやだって、この子の毛質、手入れがメッチャ大変なんですよ←言い訳)
何より、友人宅に一緒にお邪魔した時(だって、自慢したかったんだもの~)
彼の怯えぶりに同行を深く反省するのと同時に
「キャットショーはありえないな」
と悟ったのでした。






にほんブログ村


theme : 我が家の猫
genre : ペット

ペルシャ2号

p2_1.jpg


ペルシャ2号 レッド&ホワイト
中年のおっさん(去勢済み)
「 食う・寝る・遊ぶ組 」所属


激甘えん坊で私のシャドウ。そしてデブw
我が家のバーサーカー!
バーサクモードに入ったら向かう所敵なし!w
(滅多にバーサクモードには入りませんけどねw)

甘えん坊もここまでくるとなかなか凄い。
彼こそが、「完全人間依存型」と呼ぶにふさわしい猫さんです。
独立心なんてものは微塵もございません!
そんなものはママ猫さんの腹の中に置いて生まれてきましたw
常に犬のように後をついて回りますし
「おひざは僕ちゃんの座布団なの」
「お手々は僕ちゃんの体を撫でる為にあるの」
「お腹はモミモミする為にあるの」
「つまり四六時中、僕ちゃんに触れてないといけないの」
といった感じで、とにかくベッタリ。
一生懸命ポテポテ可愛いアンヨで着いて来て
私が立ち止まると、「ナデナデする?そりとも抱っこする?」と
ふくらはぎを前足で突いて見上げてきます。
激かわです!!!
モミモミを始めて、感極まってくると私に噛り付く(甘え噛み)
という非常に厄介な癖はありますが、それも愛嬌。
また、モミモミにも特徴があって
ペッタンコな顔を私の体にうずめて必死です。
仔猫が母猫に埋もれておっぱいを吸う仕草そのものなんですね。
ただ、これだけベッタリさんなのに一緒に寝てくれません。
これで一緒にくっついて寝てくれれば
パーフェクトな甘えん坊男子の出来上がり~♪なのですが。
どうやって布団に連れ込もうか検討中です。

ちなみに、この子が私と一番ウマが合います。
うまく言えないけれど、私の求める仕草、甘え方をする子です。
甘え方にもそれぞれ個性がありますが、この子は私とピッタリです。
ここまでしっくり来ると、前世で強い絆でもあったのかしら?と思えてきます。
なんだかんだと病院通い率NO1!
トイレの失敗もNO1!(と言いますか、この子以外失敗しないし('A`))
スプレーじゃないのだけが救いであります。
一番世話の焼ける可愛い子です。





にほんブログ村


theme : 我が家の猫
genre : ペット

ペルシャ1号

p1_1.jpg


ペルシャ1号 ブラック
熟女(避妊済み)
「 食う・寝る・遊ぶ組 」所属


犬猫を通して、こんなに威風堂々とした物怖じをしない性格の子は
この女王様以外に出会った事がありません。
たぶん、覇王色の覇気使い。
しかもレイリークラスの覇気使いだと思っております。
(ネタが分からない人は さあ、ぐぐって!)
決してキツイ性格ではないし、誰にも意地悪なんてしません。
ですが、彼女のオーラに人間はもとより、他の猫さんすら逆らえません。
友人や、知人も彼女には必ず「様」をつけて呼んでくださいますw

甘えん坊さんで膝に乗るよりは抱っこされてあちこち歩き回ってもらうのが大好き。
一時期、仕事が忙しく毎日深夜に帰宅する日々が
1ヶ月近く続いた時、ストレスから2箇所にハゲも作りました。
いつも威風堂々として、何事にも動じない強い心を持ってるとばかり思っていたので
彼女の繊細さに驚いたものです。
ハゲを発見してからは帰宅後はずっと同僚から頂いたスリングに入れて一緒に移動。
ご機嫌でずっと鼻をブビブビ鳴らしていました。
(嬉しくて興奮すると鼻をブビブビするのがこの子の特徴)
普段よりご機嫌を取ることでハゲもすぐに治りました。
彼女は私を親というより「面倒を見てやるべき頼りない人間」
と思っているフシがあり、大変よく面倒を見てくださいます。
ありがとうございます!

キャベツや白菜などの葉っぱ類が大好きで(しかも先っぽのやわらかい所のみ)
冷蔵庫から葉物を出すと貰えるまで決して諦めずギャーギャー鳴き続けます。
しかも、猫さんは「極悪面ほど声はらぶり~♪」という
ぶちゃねこの中のトリビアをぶっ飛ばすしゃがれ声w
更にタチの悪いことに、お皿に入れたりすると絶対に食べない。
手から1口づつ小さく千切ってもらうのが彼女のこだわりのようです。
なので、料理をしようと思って葉物を出しても
10分くらいは料理に取り掛かれないという面倒くさい事になりますw
(灰汁の強い葉物は食べさせていません)





にほんブログ村


theme : 我が家の猫
genre : ペット

ぶちゃねこ

bucha_1.jpg


ぶちゃねこ

幼い頃から犬猫が好きでしたが
親族が動物が苦手だったことから犬猫と暮らすことが出来ず、
犬猫が掲載されている雑誌を見ながら
妄想してニヤニヤするだけの切ない子供時代を送る。
犬との散歩をテーマに妄想炸裂の作文を小学生時代に書き
学校内の作文コンクールで優勝。県のコンクールに出すべく校長が
親族に報告したところ、実際の出来事でなく妄想作文とばれ
コンクールには出せなくなったという妄想上手すぎて
残念なエピソードも持つ。

トリマー&AHTとしてペットショップや動物病院で働き出すと同時に
親族から独立。念願の犬をお迎えし
ずっと犬ばかりの生活の中に猫を飼うなら絶対にペルシャ!と
ついにペルシャが仲間入りしたのが猫生活の始まり。
そして全ての犬が天寿を全うした時に残ったのは猫達。
自分の年齢も犬と暮らすには体力面などからも厳しくなってきた為
現在は猫のみ。
毛玉様方の召使暦はまだ20数年程度の下僕です。




にほんブログ村


Profile

ぶちゃねこ

Author:ぶちゃねこ
もっけもけでブサカワな
鼻ペチャにゃんこが大好き!
(独断と偏見でペルシャ最強説を唱えています)

猫様達を自身が健康なうちに
無事に見送って虹の橋で再会し
一緒に橋を渡り
死んでもモフモフし続けることが夢!                             

Calendar
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Category
New entry
Archive
Comments
<>+-
Link
Appreciate it
WATSONnoWa(n)!
古~い友人。
HPやブログの猫イラストを
描いてもらいました。
Mako's
HP、blogの薔薇素材
お借りしています。
Search form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。